So-net無料ブログ作成
JIN 仁 最終回 感動 ブログトップ

JIN 仁 最終回 感動 [JIN 仁 最終回 感動]

JIN 仁 最終回を振り返り、
感動させられるシーンが多かったように思います。

仁と咲の想いは本当に切ない気持で観ていました。
咲が現代の人に残した手紙に
「先生の事をお慕い申しておりました」と書いてあり、
それに対して
仁が咲への想いを始めて「私もお慕い申しておりました」と
つぶやいたシーンでは涙があふれました。

咲は仁を支え、気持ちを抑えてずっと見守り続けたこと。
同じ女性として、本当に辛かったのではないでしょうか。
いや、咲は、仁が幸せになってくれればそれで幸せを感じる人だったのでしょうね。

仁もまた、自分がいつ、どなるのかわからない、現代に戻ってしまうかもしれない、
そう思うからこそ、咲に対して、何も言えなかったのでしょう。
毎回、切ない気持ちが胸いっぱいになり、咲の気持ちをどうにか叶えてあげたいと
思うようになっていました。

咲の純粋な気持ちは誰もが応援したくなりますよね。
誰もが、きっと仁と咲が結ばれる事を願っていたのではないでしょうか。

そして咲は一生一人で野風さんの子供を育てたこと。
誰もが仁の存在を忘れているのに、
咲だけは、名前も忘れてしまったけど、自分がお慕いしていた方が
確かにいた事を、一生心の支えにしていたのではないでしょうか。

老いた咲の写真は、笑みを浮かべたやさしい顔をしていました。
結婚もしないで一人でいたけど、きっと幸せな日々を送る事が
できたのだと思います。


平均視聴率:21.28%
6/26 (104分)26.1% (最高視聴率)

この結果をみれば、わかるようにJIN 仁のドラマを楽しみにしていた
方は多かったんですね。

このドラマでは、時代を生きる人たちの生きざまや、思いを知る事ができました。
江戸という時代を生きた龍馬たちの、
私達が歴史上の人物として知っている以外に
大変な苦労や、人間関係などがよく作られています。

確かに江戸という時代を生きていない私達は、
これがどうなのか、分かりませんが、きっと龍馬が死ぬ時に言った言葉
「死んでいったもんに報いる方法は、もう一度生まれて来たい、
そう思える国にすること」
その言葉が心に残っています。

龍馬はそういう国を作ろうと頑張っていたのだと思います。

誰もが国を思い、そして一番大事な家族を思う、
そのために自分が戦わなければいけない時代だったのですね。

龍馬は、そんな国を戦いのない平和な国に変えようとしていたのだと
思います。

私達は恵まれたこの時代に生まれ、戦争で好きな人をなくすこともなく、
生きていますが、

何もない江戸の時代を知る事ができ、
今の生活に感謝しなければいけませんね。

このドラマを観た方たちは、みな感動をもらい
もう一度観たいと思っています。


【23%OFF!】【送料無料】JIN -仁- DVD-BOX(DVD)

【23%OFF!】【送料無料】JIN -仁- DVD-BOX(DVD)
価格:18,433円(税込、送料込)





JIN-仁- BD-BOX(Blu-ray Disc)

JIN-仁- BD-BOX(Blu-ray Disc)
価格:24,100円(税込、送料別)




JIN 仁 最終回 感動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。