So-net無料ブログ作成
ダイエット情報 ブログトップ
前の10件 | -

酵素力は加齢とともに減少しています。 [ダイエット情報]

namakouso_24.png

酵素力は加齢とともに減少しています

あなたは、ダイエットをサポートする健康食品として
とても大切な酵素を十分に摂っていますか?

丸ごと熟成「生酵素」は
ダイエットサポートサプリです。

体内の酵素は年齢とともに減少し、
特に40代から激減します。
体内の酵素量が減っているため、
食事の量が変わらなければ、代謝が追い付かず
体内に脂肪として蓄積します。

あなたは、大丈夫ですか?
食べる量が増えていないのに太る!
昔と比べて体重が落ちにくくなった!
と感じられるのは酵素量の減少が要因の一つです。

酵素は植物も含む地球上の生物すべてに存在します。
ただ、熱に弱く、48℃~70℃の高温になると
一切の活動を停止し、冷やしても蘇ることはありません。
つまり、酵素をたっぷり含んだ食材も、
加熱すると生きた酵素は摂れないのです。

40代になると、どんどん脂肪がついて、
ズボンに乗っかる貫禄のあるお肉と、
タプタプとした体形で、どんなにおしゃれをしても
どこか不格好だと感じたことはありませんか?

まるで、家中の食事を自分一人で食べているような・・・
なんで私だけ太るの?
そんなことを感じたこともあるのでは?

年齢とともに代謝が落ち、
食べた物はドンドン脂肪として蓄積され
若かったころの体形はどこに行ったのだろうか、なんて
悩んでいる人はとても多いようです。

若いころと違い、年齢とを重ねるにつれ
痩せにくくなります。
さらに、太ることで病気を招いたりしますので
歳をとったら太らないように注意が必要です。

ダイエットをしている人は非常に多いのですが、
うわべだけのダイエットはすぐに元に戻ります。
例えば、食事制限やその場しのぎの運動。
少しでも食事の量を増やしたり、運動を減らせば
すぐに元に戻ってしまうのです。

ダイエットは続けることが大事!
無理のない方法を選び、そして代謝を活発にすることです。

最近ではよく耳にする酵素ダイエット。
ですが、酵素ならなんでもいいというのは間違いです。
生きた酵素でなければ意味がありません

酵素力とは、人間から植物まで地球上の生物全てに存在します。
体内で生成される「潜在酵素」は目的に応じて
「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。

食べ過ぎると、大量に「消化酵素」が必要となるため
代謝にまわす「代謝酵素」が不足します。

代謝にまわすためには酵素の無駄使いをしないように
腹八分目にすることが大事です。

体内酵素量には限りがあるので足りない場合は
植物から補給するしかないのです。

体内の酵素は加齢とともに減少してしまうので
どうしても酵素力を補う必要があります


丸ごと熟成、生酵素は、120種類の厳選素材と180年以上続く
発酵技術の融合で作られたサプリメントです。

健康とキレイを目指す方は是非お試しください。



《ファン急増》酵素で蘇る!



nice!(0)  トラックバック(0) 

生酵素がダイエットを強力サポート!酵素力は年齢とともに減少します。 [ダイエット情報]

namakouso_24.png

生酵素がダイエットを強力サポート!
「生酵素114」

酵素力は加齢とともに減少しています。

体内の酵素は年齢とともに減少し、
特に40代から激減します

体内の酵素量が減っているため、
食事の量が変わらなければ、代謝が追い付かず
体内に脂肪として蓄積します。

あなたは、大丈夫ですか?
食べる量が増えていないのに太る!
昔と比べて体重が落ちにくくなった!
と感じられるのは酵素量の減少が要因の一つです。

酵素は植物も含む地球上の生物すべてに存在します。
ただ、熱に弱く、48℃~70℃の高温になると
一切の活動を停止し、冷やしても蘇ることはありません。
つまり、酵素をたっぷり含んだ食材も、
加熱すると生きた酵素は摂れないのです。

40代になると、どんどん脂肪がついて、
ズボンに乗っかる貫禄のあるお肉と、
タプタプとした体形で、どんなにおしゃれをしても
どこか不格好だと感じたことはありませんか?

まるで、家中の食事を自分一人で食べているような・・・
なんで私だけ太るの?
そんなことを感じたこともあるのでは?

年齢とともに代謝が落ち、
食べた物はドンドン脂肪として蓄積され
若かったころの体形はどこに行ったのだろうか、なんて
悩んでいる人はとても多いようです。

若いころと違い、年齢とを重ねるにつれ
痩せにくくなります。
さらに、太ることで病気を招いたりしますので
歳をとったら太らないように注意が必要です。

ダイエットをしている人は非常に多いのですが、
うわべだけのダイエットはすぐに元に戻ります。
例えば、食事制限やその場しのぎの運動。
少しでも食事の量を増やしたり、運動を減らせば
すぐに元に戻ってしまうのです。

ダイエットは続けることが大事!
無理のない方法を選び、そして代謝を活発にすることです。

最近ではよく耳にする酵素ダイエット。
ですが、酵素ならなんでもいいというのは間違いです。
生きた酵素でなければ意味がありません。

酵素力とは、人間から植物まで地球上の生物全てに存在します。
体内で生成される「潜在酵素」は目的に応じて
「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。

食べ過ぎると、大量に「消化酵素」が必要となるため
代謝にまわす「代謝酵素」が不足します。

代謝にまわすためには酵素の無駄使いをしないように
腹八分目にすることが大事です。

体内酵素量には限りがあるので足りない場合は
植物から補給するしかないのです。

体内の酵素は加齢とともに減少してしまうので
どうしても酵素力を補う必要があります。

丸ごと熟成、生酵素は、120種類の厳選素材と180年以上続く
発酵技術の融合で作られたサプリメントです。

今なら送料500円だけで 約1ヶ月分4500円相当が無料でお試しになれます

健康とキレイを目指す方は
是非、このお得な期間をご利用ください。



生酵素でダイエット-10kg!?

nice!(0)  トラックバック(0) 

酵素量が減ると代謝が追い付かず体内に脂肪として蓄積します。 [ダイエット情報]

namakouso_24.png

ダイエットをサポートする健康食品として
とても大切な酵素を十分に摂っていますか


酵素力は加齢とともに減少しています

体内の酵素は年齢とともに減少し、
特に40代から激減します。
体内の酵素量が減っているため、
食事の量が変わらなければ、代謝が追い付かず
体内に脂肪として蓄積します。

あなたは、大丈夫ですか?
食べる量が増えていないのに太る
昔と比べて体重が落ちにくくなった
と感じられるのは酵素量の減少が要因の一つです。

酵素は植物も含む地球上の生物すべてに存在します。
ただ、熱に弱く、48℃~70℃の高温になると
一切の活動を停止し、冷やしても蘇ることはありません。
つまり、酵素をたっぷり含んだ食材も、
加熱すると生きた酵素は摂れないのです。

40代になると、どんどん脂肪がついて、
ズボンに乗っかる貫禄のあるお肉と、
タプタプとした体形で、どんなにおしゃれをしても
どこか不格好だと感じたことはありませんか?

まるで、家中の食事を自分一人で食べているような・・・
なんで私だけ太るの?
そんなことを感じたこともあるのでは?

年齢とともに代謝が落ち、
食べた物はドンドン脂肪として蓄積され
若かったころの体形はどこに行ったのだろうか、なんて
悩んでいる人はとても多いようです。

若いころと違い、年齢とを重ねるにつれ
痩せにくくなります

さらに、太ることで病気を招いたりしますので
歳をとったら太らないように注意が必要です。

ダイエットをしている人は非常に多いのですが、
うわべだけのダイエットはすぐに元に戻ります。
例えば、食事制限やその場しのぎの運動。
少しでも食事の量を増やしたり、運動を減らせば
すぐに元に戻ってしまうのです。

ダイエットは続けることが大事!
無理のない方法を選び、そして代謝を活発にすることです。

最近ではよく耳にする酵素ダイエット。
ですが、酵素ならなんでもいいというのは間違いです。
生きた酵素でなければ意味がありません。

酵素力とは、人間から植物まで地球上の生物全てに存在します。
体内で生成される「潜在酵素」は目的に応じて
「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。

食べ過ぎると、大量に「消化酵素」が必要となるため
代謝にまわす「代謝酵素」が不足します。

代謝にまわすためには酵素の無駄使いをしないように
腹八分目にすることが大事です


体内酵素量には限りがあるので足りない場合は
植物から補給するしかないのです。

体内の酵素は加齢とともに減少してしまうので
どうしても酵素力を補う必要があります。

丸ごと熟成、生酵素は、120種類の厳選素材と180年以上続く
発酵技術の融合で作られたサプリメントです。

今なら送料500円だけで
約1ヶ月分4500円相当が無料でお試しになれます


健康とキレイを目指す方は
是非、このお得な期間をご利用ください。



生酵素でダイエット-10kg!?






nice!(1)  トラックバック(0) 

隠れ冷え性も太る原因の一つです。冷えにも気をつけましょう。 [ダイエット情報]

fuyu-ki-1.png

隠れ冷え性太る原因の一つです
ダイエットをしている方は
冷えにも気をつけましょう。

太る原因の隠れ冷え性を改善しましょう。

この時期、太りやすくなる原因があります。
それは冷えです。

そして、この時期は体が冷えるため、
内臓温度が下がり、代謝や輩出機能が低下して、
体の循環が悪くなり、体の様々な不調を招くのです。

むくみ、セルライト、くすみ、肌荒れ・・
これらの症状の原因は、
実は冷えが原因であることが多いものです。

私は冷え性ではないから大丈夫、なんて思っている人でも
毎年、秋になると食べ過ぎて太ってしまうと感じる人。
このような人は、無自覚に内臓温度が低下している
「かくれ冷え性」の可能性が高いのです。

本来人間の体は、
基礎代謝が上がる秋から冬は痩せやすいものなのです。
それにもかかわらず、太ってしまうのは、
夏の間に冷えを溜め込んだせいかもしれません。

なぜ、かくれ冷え性は太るのでしょうか?
理由の1つは、基礎代謝の低下です
基礎代謝は、人が最低限生きていくために
必要なエネルギー量のことです。
内臓温度が1度下がるごとに、基礎代謝は約12%もダウンします。
内臓温度が下がるごとにカロリー消費量が減ってしまうのです。

また、内臓の働きの低下も理由の1つです
内臓温度が下がることで、血液の循環が悪化し、
肝臓や大腸などの機能が低下し、老廃物が溜まり、
むくみや便秘、吹き出物の原因となります。

男女問わず、60%の方が内臓の冷えに無自覚な
かくれ冷え性と言われている現代。
体を温めることを心がけましょう。

食事で温める
しょうが・・すりおろしてとるのがベスト。
ラップに広げて冷凍すれば、保存も簡単です。
おみそ汁や紅茶に入れて、毎日、摂るようにしましょう。

根菜・・ニンジン、レンコン、イモなど、
根菜類も温め効果大です。
煮物やお味噌汁の具にして、
しょうがも入れるとさらに良いでしょう。

お酢・・ポイントは温かい状態で摂取すること。
中華スープやラーメンに入れると美味しく食べられます。
フルーツビネガーを活用してもOKです。

体操で温める
1、「気をつけ」の姿勢で立ちます。
2、そのまま90度、おじぎをするように体を曲げます。
これを20回繰り返します。

この体操は冷えを治すのに最も効果的です。
一気に血流がよくなります。
とくに長時間同じ姿勢で仕事をしている人に
オススメします。空いた時間に行うようにしてください。

服装で温める
冷えの予防は、日々の服装からが大事。
絶対に温めておきたいポイントをおさえて
冷やさないおしゃれを楽しんでください。

お腹・・最も重要なポイントはお腹です。
腹巻きで、しっかり温めることが大切。
シルクやウールの天然素材のものを選ぶのが良い。
毛糸のパンツで下腹部を温めるのも効果的です。

足首・・足首は血管が皮膚のすぐ下を通っているので
温め効果がすぐに得られます。
オススメは、レッグウォーマーと5本指ソックス、
ブーツは足首を固定して血流を悪化させてしまうので
オススメできません。

うなじ・・首元も冷えの予防に欠かせないポイント。
スカーフ、マフラーでうなじの冷えを
予防することが大事です。

簡単なストレッチとある呼吸法で
驚くほど新陳代謝を良くして劇的に痩せることができる
山田式骨盤ダイエット法







nice!(0)  トラックバック(0) 

ダイエットをする際、食べ物が持つ8つの作用を活用すると食べても太りにくい! [ダイエット情報]

020106m.jpg

ダイエットをする際、
食べ物が持つ8つの作用を活用すると食べても太りにくい


ダイエットで悩む方が多いようですが、
単に体重を減らすのではなく、
しっかり食べて痩せることが肝心です。

しっかり食べれば太ると思うかもしれませんが、
食べないで体重を減らしても、
また食べれば元に戻るのが当たり前で、
リバウンドしやすいばかりか、
健康的な痩せ方にはなりません。

そこで食事をしっかり摂っても痩せる
食べ合わせを紹介します。

今、ダイエットを頑張っている方でも
この方法を取り入れれば、食事を我慢する必要もなく、
食べても太りにくいので安心ですし、
これからダイエットをしようと考えている人は
この食事の方法を活用して、健康的に痩せてくださいね。

食べ物が持つ8つの作用を活用することが基本です

1、脂肪を分解する
カフェインには脂肪を分解する作用があるので
一緒に摂ることで体に脂肪が蓄積されにくくなります。
カフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココアなど)

2、脂肪を燃焼させる
大豆製品に多く含まれるセリン、アラニン、プロリンや
玉ねぎの成分であるSMCS、
また唐辛子に含まれるカプサイシンには
脂肪燃焼作用があるので、脂肪が溜まりにくくなります。
セリン、アラニン、プロリン
(高野豆腐、ゆば、大豆、かつお節など)
SMCS(玉ねぎ)
カプサイシン(唐辛子)


3、代謝を促進する
大豆製品やナッツ類などに含まれるアルギニン、
玉ねぎに多く含まれるケルセチン
また酸味成分であるクエン酸には、代謝を促進する
作用があるので痩せやすい身体に導いてくれます。
アルギニン(高野豆腐、大豆、かつお節、アーモンド、クルミなど)
ケルセチン(玉ねぎ、リンゴ、ブロッコリー、モロヘイヤなど)
クエン酸(レモン、オレンジなどの柑橘類、お酢など)


4、脂肪として吸収されにくくする
食物繊維や豆類に含まれるサポニンは、
摂り過ぎた糖質
(ご飯やパンなどの炭水化物に含まれるエネルギー源)
などの栄養が、
腸から吸収されて脂肪になるのを防いでくれます。
食物繊維(ごぼう、キノコ類、海藻類、こんにゃく、納豆など)
サポニン(味噌、大豆、豆腐、納豆、あずきなど)


5、食べ過ぎを防ぐ
食物繊維の中でも、水に溶けやすい水溶性食物繊維は
水分を吸収し、腸内で膨らみます。
これにより、お腹が空きにくくなるので
食べ過ぎの防止になります。
水溶性食物繊維(わかめなどの海藻類、こんにゃくなど)

6、便秘を防止する
食物繊維の中でも、みずに溶けない不溶性食物繊維は
腸を刺激し、腸内を掃除する働きがあるので、便秘の改善になります。
便秘になると、代謝が悪くなり、太りやすくなるため、
便秘帽子はダイエットにも効果的です。
不溶性食物繊維(ごぼう、キノコ類、たけのこ、納豆など)

7、利尿作用を促す
体内に余分な水分が溜まっている状態をむくみと言い
むくみがひどくなると体重が増加することもあります。
ウリ類に含まれるシトルリンには、余分な水分を尿として
排出するのでむくみ改善に役立ちます。
シトルリン(すいか、きゅうりなどのウリ類)

8、脂肪になりにくくする
きゅうりに含まれるマロン酸は摂り過ぎた糖質を
エネルギーとして活用し、脂肪になりにくくします。
マロン酸(きゅうり)

食事の際、ご飯やパン類などのタンパク質や
油や砂糖を多く使ったカロリーの高い物を摂り過ぎていると
体内で食べた物のエネルギーを消費しきれなくなり
肥満の原因になります。

しかし、ダイエットをサポートする栄養成分
(たとえば、脂肪を分解する成分や、食べた物を脂肪として
蓄積されにくくする成分)を含む食品を意識して
一緒に摂るようにすれば、たったそれだけで今よりも
太りにくくなるのです


是非ダイエットをする際には、
食べ物が持つ8つの作用を活用して
しっかり食べて痩せる健康的なダイエットに励んでください。












nice!(0)  トラックバック(0) 

太る原因の隠れ冷え性を改善しましょう。 [ダイエット情報]

ki-7.png

太る原因の隠れ冷え性を改善しましょう

これからの時期、太りやすくなる原因があります。
それは冷えです。
そして、この時期は体が冷えるため、
内臓温度が下がり、代謝や輩出機能が低下して、
体の循環が悪くなり、体の様々な不調を招くのです。

むくみ、セルライト、くすみ、肌荒れ・・
これらの症状の原因は、
実は冷えが原因であることが多いものです。

私は冷え性ではないから大丈夫、なんて思っている人でも
毎年、秋になると食べ過ぎて太ってしまうと感じる人。
このような人は、無自覚に内臓温度が低下している
「かくれ冷え性」の可能性が高いのです。

本来人間の体は、
基礎代謝が上がる秋から冬は痩せやすいものなのです。
それにもかかわらず、太ってしまうのは、
夏の間に冷えを溜め込んだせいかもしれません。

なぜ、かくれ冷え性は太るのでしょうか
理由の1つは、基礎代謝の低下です
基礎代謝は、人が最低限生きていくために
必要なエネルギー量のことです。
内臓温度が1度下がるごとに、基礎代謝は約12%もダウンします。
内臓温度が下がるごとにカロリー消費量が減ってしまうのです。

また、内臓の働きの低下も理由の1つです
内臓温度が下がることで、血液の循環が悪化し、
肝臓や大腸などの機能が低下し、老廃物が溜まり、
むくみや便秘、吹き出物の原因となります。

男女問わず、60%の方が内臓の冷えに無自覚な
かくれ冷え性と言われている現代。
体を温めることを心がけましょう。

食事で温める

しょうが・・すりおろしてとるのがベスト。
ラップに広げて冷凍すれば、保存も簡単です。
おみそ汁や紅茶に入れて、毎日、摂るようにしましょう。

根菜・・ニンジン、レンコン、イモなど、
根菜類も温め効果大です。
煮物やお味噌汁の具にして、
しょうがも入れるとさらに良いでしょう。

お酢・・ポイントは温かい状態で摂取すること。
中華スープやラーメンに入れると美味しく食べられます。
フルーツビネガーを活用してもOKです。

体操で温める
1、「気をつけ」の姿勢で立ちます。
2、そのまま90度、おじぎをするように体を曲げます。
これを20回繰り返します。

この体操は冷えを治すのに最も効果的です。
一気に血流がよくなります。
とくに長時間同じ姿勢で仕事をしている人に
オススメします。空いた時間に行うようにしてください。

服装で温める
冷えの予防は、日々の服装からが大事。
絶対に温めておきたいポイントをおさえて
冷やさないおしゃれを楽しんでください。

お腹・・最も重要なポイントはお腹です。
腹巻きで、しっかり温めることが大切。
シルクやウールの天然素材のものを選ぶのが良い。
毛糸のパンツで下腹部を温めるのも効果的です。

足首・・足首は血管が皮膚のすぐ下を通っているので
温め効果がすぐに得られます。
オススメは、レッグウォーマーと5本指ソックス、
ブーツは足首を固定して血流を悪化させてしまうので
オススメできません。

うなじ・・首元も冷えの予防に欠かせないポイント。
スカーフ、マフラーでうなじの冷えを
予防することが大事です。

ダイエットを成功させる一番の近道は
新陳代謝を活発にすることです。

冷えにより内臓の働きが低下することで代謝が低下し
消費カロリーが下がってしまうのです。
すると当然、太る原因になります。

冷え症はダイエットには大敵です。
日々の生活習慣を見直し、体を冷えから守ることも
ダイエットを成功させるためにとても大事なことです。

2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット


2週間の短期集中エクササイズで骨盤、肩甲骨、股関節の歪みを正して
体脂肪を燃焼させるスタイルエクサ+K・スーパーⅢB






nice!(0)  トラックバック(0) 

ダイエットをサポートするアミノ酸たっぷりの「肥後すっぽんもろみ」 [ダイエット情報]

suppon_03.png

ダイエットをサポートするアミノ酸たっぷりの
肥後すっぽんもろみ

美のスタイルを目指したい方、
食べることがやめられない方、
ダイエットが続かない、
スタイルに自身が持てない方、

など、ダイエットがどうしても上手くいかない方は
肥後すっぽんもろみ」をお試しください。

ダイエットで大事なことは基礎代謝です。

基礎代謝は加齢とともに減少していきます。
なんと30代では10代の約半分です


基礎代謝のカギを握るのがアミノ酸です
現代の食生活ではアミノ酸がドンドン減少しています。

アミノ酸は体を創る源と言われる
とても大切な栄養成分です。

人間の体を構成しているアミノ酸のうち、
9種類の必須アミノ酸は
体内で生産されないため
外から継続的に摂取することが大切です。

この肥後すっぽんもろみ
圧倒的なアミノ酸量の実現に成功!

その驚く効果は
ダイエットターに大人気のアミノ酸が黒酢の312倍

さらにコラーゲンはフカヒレの9.2倍

ビタミンB6はレバーの336倍

カルシウムは牛乳の33倍

亜鉛はカキの8.4倍

ビタミンEはゴマの3倍

などなど元気をサポートする栄養素が
たっぷり含まれています。

肥後すっぽんもろみは、美容と健康、
そしてダイエットのカギとなる
アミノ酸がたっぷり含まれています。

今大変お得になっていますので
ダイエットのサポートしてお試しになってください。
豊富なアミノ酸を摂取することで
毎日が元気になれます。




nice!(0)  トラックバック(0) 

太る原因になる冷え性を改善しましょう。 [ダイエット情報]

ha_163-ki.jpg

太る原因になる冷え性を改善しましょう

毎日、暑い日が続いているのに
冷え性?と思う方も多いかもしれませんが、
現代では、この暑い日でも冷えに悩む方も多いのです。

エアコンによって、この時季は必要以上に
体を冷やしてしまう状況が作り出されています。

また、冷たい飲み物、食べ物を摂取することで
胃や腸がどんどん冷やされています。

さらに、必要最小限の距離しか歩かなくなり、
運動不足の人が増えています。
そのため、血行が悪くなり、
体温も必然的に下がっていると考えられます。

むくみ、セルライト、くすみ、肌荒れ・・
これらの症状の原因は、
実は冷えが原因であることが多いものです。

私は冷え性ではないから大丈夫、なんて思っている人でも
毎年、秋になると食べ過ぎて太ってしまうと感じる人。
このような人は、無自覚に内臓温度が低下している
「かくれ冷え性」の可能性が高いのです。

本来人間の体は、
基礎代謝が上がる秋から冬は痩せやすいものなのです。
それにもかかわらず、太ってしまうのは、
夏の間に冷えを溜め込んだせいかもしれません。

なぜ、冷え性は太るのでしょうか?
理由の1つは、基礎代謝の低下です。
基礎代謝は、人が最低限生きていくために
必要なエネルギー量のことです。
内臓温度が1度下がるごとに、基礎代謝は約12%もダウンします。
内臓温度が下がるごとにカロリー消費量が減ってしまうのです。

また、内臓の働きの低下も理由の1つです。
内臓温度が下がることで、血液の循環が悪化し、
肝臓や大腸などの機能が低下し、老廃物が溜まり、
むくみや便秘、吹き出物の原因となります。

男女問わず、60%の方が内臓の冷えに無自覚な
かくれ冷え性と言われている現代。
体を温めることを心がけましょう。

食事で温める

しょうが・・すりおろしてとるのがベスト。
ラップに広げて冷凍すれば、保存も簡単です。
おみそ汁や紅茶に入れて、毎日、摂るようにしましょう。

根菜・・ニンジン、レンコン、イモなど、
根菜類も温め効果大です。
煮物やお味噌汁の具にして、
しょうがも入れるとさらに良いでしょう。

お酢・・ポイントは温かい状態で摂取すること。
中華スープやラーメンに入れると美味しく食べられます。
フルーツビネガーを活用してもOKです。

体操で温める
1、「気をつけ」の姿勢で立ちます。
2、そのまま90度、おじぎをするように体を曲げます。
これを20回繰り返します。

この体操は冷えを治すのに最も効果的です。
一気に血流がよくなります。
とくに長時間同じ姿勢で仕事をしている人に
オススメします。空いた時間に行うようにしてください。

服装で温める
冷えの予防は、日々の服装からが大事。
絶対に温めておきたいポイントをおさえて
冷やさないおしゃれを楽しんでください。

お腹・・最も重要なポイントはお腹です。
腹巻きで、しっかり温めることが大切。
シルクやウールの天然素材のものを選ぶのが良い。
冬場であれば毛糸のパンツで下腹部を温めるのも効果的です。

足首・・足首は血管が皮膚のすぐ下を通っているので
温め効果がすぐに得られます。
オススメは、レッグウォーマーと5本指ソックス、
ブーツは足首を固定して血流を悪化させてしまうので
オススメできません。

うなじ・・首元も冷えの予防に欠かせないポイント。
スカーフ、マフラーでうなじの冷えを
予防することが大事です。

この夏の時期はマフラーをすることはできませんが
タオルのようなものを利用して、
エアコンのきいた部屋にいるときは
うなじの冷えを予防することも1つの方法です。

また、暑いからとシャワーで済ませる人が多いようですが、
必ずぬるめの湯船にしっかり浸かって
一日の冷えた身体を温めることも大切です


2週間の短期集中エクササイズで体脂肪を燃焼させ、
美ボディを創るスタイルエクサ+K・スーパーⅢB


2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット




nice!(0)  トラックバック(0) 

バランスのとれた美しいボディラインを維持するには筋肉を鍛えることが大切です。 [ダイエット情報]

2014-07-28-00-20-45_deco-maron.jpg

毎日、猛暑が続いていますが
熱中症には気を付けてくださいね。

我が家のマロンも保冷剤をバンダナに包んで
首に巻いて暑さ対策をしていますニコニコ


☆☆☆

ダイエットは女性の永遠の悩みの1つでもありますが、
単に体重を落とすだけのダイエット法では
美しいボディラインは手に入れることができません。

せっかく痩せたのに、なんだかガリガリで
女性らしさが無くなったなんてガッカリですよね。
やはりメリハリのある美しいボディラインを
手に入れたいと思います。

バランスの取れた美しいボディラインを
保ちたいと誰でも願いますが、
年齢を重ねるにつれ、全てが下がってくると
感じている人も多いのでは・・・?

特に女性の場合、バストやヒップが垂れたと
よく言いますが、バストとヒップは
体の中でとくに脂肪量が多く、
余計な脂肪も溜まりやすい部位でもあります。

実は、意識的に筋肉を鍛えていないと
加齢や肥満に伴って脂肪が増え、
筋肉が支えきれなくなり垂れてしまうのです。

バストや、ヒップの脂肪を支える土台となる
大きな筋肉やこの周辺の筋肉を鍛えることにより
ハリのあるバストやヒップを
維持することができるのです。

バストアップのために、意識したいのは、
大胸筋と肩甲骨です。
バストの重みを支える土台となっている大胸筋を
鍛えるとバストは上向きになってハリも出てきます。

また、肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉を鍛えると背筋がピンと伸びて
美しい姿勢をキープするのが楽にできるようになるので
猫背によるバストの垂れを防止する事につながります。

ヒップアップのために意識したいのは
大殿筋と中殿筋、ハムストリングス、股関節の4つです。
ヒップを覆う大殿筋と中殿筋を鍛えれば
脂肪の下垂を防ぐことができます。
さらにハムストリングスを鍛えると
ヒップと太ももの境目がはっきりしてきます。

また、股関節の可動域を広げることで
これら3つの筋肉を普段から動かしやすくなります。


☆☆☆

よく女性の方で筋肉がつくと女性らしさが
無くなるから嫌という方がいらっしゃいますが、
ムキムキの筋肉を付けるには、
毎日よほどの筋肉運動をしなければなりません。
女性は特に筋力が男性よりも弱いので
筋肉が落ちて代謝も落ちやすくなり
太りやすいのです。

さらに基礎代謝の60%は筋肉によって消費されます。
18歳を過ぎると基礎代謝がドンドン落ちてくるのは、
筋肉を動かす機会が減り筋肉量が減るためです。
そのため、30代、40代、と太りやすくなってくるのです。

ダイエットをしたいとお考えの方は
是非、大きな筋肉を鍛える運動もメニューの中にいれて
美しいボディラインを手に入れてください。

例えば、ジョキングやウォーキングを
毎日しているという方は、
その前に、お腹や太ももの筋肉運動を
少しでもするとさらに効果的です。

☆☆☆

2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット


2週間の短期集中エクササイズで骨盤、肩甲骨、股関節の歪みを正して
体脂肪を燃焼させるスタイルエクサ+K・スーパーⅢB




nice!(0)  トラックバック(0) 

短期で痩せたいと言う方は食べ物が持つ作用を活用すると食べても太りにくくなります [ダイエット情報]

040099m.jpg

短期で痩せたいと言う方は
ダイエットをする際、食べ物が持つ作用を活用すると
食べても太りにくくなります


この季節ダイエットに悩む方が多いのすが
食事制限をして単に体重を減らすのではなく
食べても太らない体を創ることが大切です。

食事制限などで、摂取カロリーを減らしても
体重はすぐに落ちますが、
食事の量を少しでも増やせば
すぐに体重も元に戻ってしまいます。

そのようなリバウンドの繰り返しをしていても
ダイエットを成功させることはできません。

食事はしっかり摂っても痩せるような
ダイエット法を選ぶことをオススメします。

ダイエットに励んでいる方も多いと思いますが、
ダイエットをサポートする
食事の食べ合わせを紹介します。

食べ物が持つ8つの作用を活用することが基本です。

1、脂肪を分解する
カフェインには脂肪を分解する作用があるので
一緒に摂ることで体に脂肪が蓄積されにくくなります。
カフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココアなど)

2、脂肪を燃焼させる
大豆製品に多く含まれるセリン、アラニン、プロリンや
玉ねぎの成分であるSMCS、
また唐辛子に含まれるカプサイシンには
脂肪燃焼作用があるので、脂肪が溜まりにくくなります。
セリン、アラニン、プロリン
(高野豆腐、ゆば、大豆、かつお節など)
SMCS(玉ねぎ)
カプサイシン(唐辛子)


3、代謝を促進する
大豆製品やナッツ類などに含まれるアルギニン、
玉ねぎに多く含まれるケルセチン
また酸味成分であるクエン酸には、代謝を促進する
作用があるので痩せやすい身体に導いてくれます。
アルギニン(高野豆腐、大豆、かつお節、アーモンド、クルミなど)
ケルセチン(玉ねぎ、リンゴ、ブロッコリー、モロヘイヤなど)
クエン酸(レモン、オレンジなどの柑橘類、お酢など)


4、脂肪として吸収されにくくする
食物繊維や豆類に含まれるサポニンは、
摂り過ぎた糖質
(ご飯やパンなどの炭水化物に含まれるエネルギー源)
などの栄養が、
腸から吸収されて脂肪になるのを防いでくれます。
食物繊維(ごぼう、キノコ類、海藻類、こんにゃく、納豆など)
サポニン(味噌、大豆、豆腐、納豆、あずきなど)


5、食べ過ぎを防ぐ
食物繊維の中でも、水に溶けやすい水溶性食物繊維は
水分を吸収し、腸内で膨らみます。
これにより、お腹が空きにくくなるので
食べ過ぎの防止になります。
水溶性食物繊維(わかめなどの海藻類、こんにゃくなど)

6、便秘を防止する
食物繊維の中でも、みずに溶けない不溶性食物繊維は
腸を刺激し、腸内を掃除する働きがあるので、便秘の改善になります。
便秘になると、代謝が悪くなり、太りやすくなるため、
便秘帽子はダイエットにも効果的です。
不溶性食物繊維(ごぼう、キノコ類、たけのこ、納豆など)

7、利尿作用を促す
体内に余分な水分が溜まっている状態をむくみと言い
むくみがひどくなると体重が増加することもあります。
ウリ類に含まれるシトルリンには、余分な水分を尿として
排出するのでむくみ改善に役立ちます。
シトルリン(すいか、きゅうりなどのウリ類)

8、脂肪になりにくくする
きゅうりに含まれるマロン酸は摂り過ぎた糖質を
エネルギーとして活用し、脂肪になりにくくします。
マロン酸(きゅうり)

食事の際、ご飯やパン類などのタンパク質や
油や砂糖を多く使ったカロリーの高い物を摂り過ぎていると
体内で食べた物のエネルギーを消費しきれなくなり
肥満の原因になります。

しかし、ダイエットをサポートする栄養成分
(たとえば、脂肪を分解する成分や、食べた物を脂肪として
蓄積されにくくする成分)を含む食品を意識して
一緒に摂るようにすれば、
たったそれだけで今よりも太りにくくなるのです


是非ダイエットをする際には、
食べ物が持つ8つの作用を活用して
しっかり食べて痩せる健康的なダイエットに
励んでください。


2週間の短期集中エクササイズで体脂肪を燃焼させ、
美ボディを創るスタイルエクサ+K・スーパーⅢB


2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット




nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | - ダイエット情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。