So-net無料ブログ作成

太る原因になる冷え性を改善しましょう。 [ダイエット情報]

ha_163-ki.jpg

太る原因になる冷え性を改善しましょう

毎日、暑い日が続いているのに
冷え性?と思う方も多いかもしれませんが、
現代では、この暑い日でも冷えに悩む方も多いのです。

エアコンによって、この時季は必要以上に
体を冷やしてしまう状況が作り出されています。

また、冷たい飲み物、食べ物を摂取することで
胃や腸がどんどん冷やされています。

さらに、必要最小限の距離しか歩かなくなり、
運動不足の人が増えています。
そのため、血行が悪くなり、
体温も必然的に下がっていると考えられます。

むくみ、セルライト、くすみ、肌荒れ・・
これらの症状の原因は、
実は冷えが原因であることが多いものです。

私は冷え性ではないから大丈夫、なんて思っている人でも
毎年、秋になると食べ過ぎて太ってしまうと感じる人。
このような人は、無自覚に内臓温度が低下している
「かくれ冷え性」の可能性が高いのです。

本来人間の体は、
基礎代謝が上がる秋から冬は痩せやすいものなのです。
それにもかかわらず、太ってしまうのは、
夏の間に冷えを溜め込んだせいかもしれません。

なぜ、冷え性は太るのでしょうか?
理由の1つは、基礎代謝の低下です。
基礎代謝は、人が最低限生きていくために
必要なエネルギー量のことです。
内臓温度が1度下がるごとに、基礎代謝は約12%もダウンします。
内臓温度が下がるごとにカロリー消費量が減ってしまうのです。

また、内臓の働きの低下も理由の1つです。
内臓温度が下がることで、血液の循環が悪化し、
肝臓や大腸などの機能が低下し、老廃物が溜まり、
むくみや便秘、吹き出物の原因となります。

男女問わず、60%の方が内臓の冷えに無自覚な
かくれ冷え性と言われている現代。
体を温めることを心がけましょう。

食事で温める

しょうが・・すりおろしてとるのがベスト。
ラップに広げて冷凍すれば、保存も簡単です。
おみそ汁や紅茶に入れて、毎日、摂るようにしましょう。

根菜・・ニンジン、レンコン、イモなど、
根菜類も温め効果大です。
煮物やお味噌汁の具にして、
しょうがも入れるとさらに良いでしょう。

お酢・・ポイントは温かい状態で摂取すること。
中華スープやラーメンに入れると美味しく食べられます。
フルーツビネガーを活用してもOKです。

体操で温める
1、「気をつけ」の姿勢で立ちます。
2、そのまま90度、おじぎをするように体を曲げます。
これを20回繰り返します。

この体操は冷えを治すのに最も効果的です。
一気に血流がよくなります。
とくに長時間同じ姿勢で仕事をしている人に
オススメします。空いた時間に行うようにしてください。

服装で温める
冷えの予防は、日々の服装からが大事。
絶対に温めておきたいポイントをおさえて
冷やさないおしゃれを楽しんでください。

お腹・・最も重要なポイントはお腹です。
腹巻きで、しっかり温めることが大切。
シルクやウールの天然素材のものを選ぶのが良い。
冬場であれば毛糸のパンツで下腹部を温めるのも効果的です。

足首・・足首は血管が皮膚のすぐ下を通っているので
温め効果がすぐに得られます。
オススメは、レッグウォーマーと5本指ソックス、
ブーツは足首を固定して血流を悪化させてしまうので
オススメできません。

うなじ・・首元も冷えの予防に欠かせないポイント。
スカーフ、マフラーでうなじの冷えを
予防することが大事です。

この夏の時期はマフラーをすることはできませんが
タオルのようなものを利用して、
エアコンのきいた部屋にいるときは
うなじの冷えを予防することも1つの方法です。

また、暑いからとシャワーで済ませる人が多いようですが、
必ずぬるめの湯船にしっかり浸かって
一日の冷えた身体を温めることも大切です


2週間の短期集中エクササイズで体脂肪を燃焼させ、
美ボディを創るスタイルエクサ+K・スーパーⅢB


2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット




nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。