So-net無料ブログ作成

バランスのとれた美しいボディラインを維持するには筋肉を鍛えることが大切です。 [ダイエット情報]

2014-07-28-00-20-45_deco-maron.jpg

毎日、猛暑が続いていますが
熱中症には気を付けてくださいね。

我が家のマロンも保冷剤をバンダナに包んで
首に巻いて暑さ対策をしていますニコニコ


☆☆☆

ダイエットは女性の永遠の悩みの1つでもありますが、
単に体重を落とすだけのダイエット法では
美しいボディラインは手に入れることができません。

せっかく痩せたのに、なんだかガリガリで
女性らしさが無くなったなんてガッカリですよね。
やはりメリハリのある美しいボディラインを
手に入れたいと思います。

バランスの取れた美しいボディラインを
保ちたいと誰でも願いますが、
年齢を重ねるにつれ、全てが下がってくると
感じている人も多いのでは・・・?

特に女性の場合、バストやヒップが垂れたと
よく言いますが、バストとヒップは
体の中でとくに脂肪量が多く、
余計な脂肪も溜まりやすい部位でもあります。

実は、意識的に筋肉を鍛えていないと
加齢や肥満に伴って脂肪が増え、
筋肉が支えきれなくなり垂れてしまうのです。

バストや、ヒップの脂肪を支える土台となる
大きな筋肉やこの周辺の筋肉を鍛えることにより
ハリのあるバストやヒップを
維持することができるのです。

バストアップのために、意識したいのは、
大胸筋と肩甲骨です。
バストの重みを支える土台となっている大胸筋を
鍛えるとバストは上向きになってハリも出てきます。

また、肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉を鍛えると背筋がピンと伸びて
美しい姿勢をキープするのが楽にできるようになるので
猫背によるバストの垂れを防止する事につながります。

ヒップアップのために意識したいのは
大殿筋と中殿筋、ハムストリングス、股関節の4つです。
ヒップを覆う大殿筋と中殿筋を鍛えれば
脂肪の下垂を防ぐことができます。
さらにハムストリングスを鍛えると
ヒップと太ももの境目がはっきりしてきます。

また、股関節の可動域を広げることで
これら3つの筋肉を普段から動かしやすくなります。


☆☆☆

よく女性の方で筋肉がつくと女性らしさが
無くなるから嫌という方がいらっしゃいますが、
ムキムキの筋肉を付けるには、
毎日よほどの筋肉運動をしなければなりません。
女性は特に筋力が男性よりも弱いので
筋肉が落ちて代謝も落ちやすくなり
太りやすいのです。

さらに基礎代謝の60%は筋肉によって消費されます。
18歳を過ぎると基礎代謝がドンドン落ちてくるのは、
筋肉を動かす機会が減り筋肉量が減るためです。
そのため、30代、40代、と太りやすくなってくるのです。

ダイエットをしたいとお考えの方は
是非、大きな筋肉を鍛える運動もメニューの中にいれて
美しいボディラインを手に入れてください。

例えば、ジョキングやウォーキングを
毎日しているという方は、
その前に、お腹や太ももの筋肉運動を
少しでもするとさらに効果的です。

☆☆☆

2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット


2週間の短期集中エクササイズで骨盤、肩甲骨、股関節の歪みを正して
体脂肪を燃焼させるスタイルエクサ+K・スーパーⅢB




nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。