So-net無料ブログ作成

短期で痩せたいと言う方は食べ物が持つ作用を活用すると食べても太りにくくなります [ダイエット情報]

040099m.jpg

短期で痩せたいと言う方は
ダイエットをする際、食べ物が持つ作用を活用すると
食べても太りにくくなります


この季節ダイエットに悩む方が多いのすが
食事制限をして単に体重を減らすのではなく
食べても太らない体を創ることが大切です。

食事制限などで、摂取カロリーを減らしても
体重はすぐに落ちますが、
食事の量を少しでも増やせば
すぐに体重も元に戻ってしまいます。

そのようなリバウンドの繰り返しをしていても
ダイエットを成功させることはできません。

食事はしっかり摂っても痩せるような
ダイエット法を選ぶことをオススメします。

ダイエットに励んでいる方も多いと思いますが、
ダイエットをサポートする
食事の食べ合わせを紹介します。

食べ物が持つ8つの作用を活用することが基本です。

1、脂肪を分解する
カフェインには脂肪を分解する作用があるので
一緒に摂ることで体に脂肪が蓄積されにくくなります。
カフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココアなど)

2、脂肪を燃焼させる
大豆製品に多く含まれるセリン、アラニン、プロリンや
玉ねぎの成分であるSMCS、
また唐辛子に含まれるカプサイシンには
脂肪燃焼作用があるので、脂肪が溜まりにくくなります。
セリン、アラニン、プロリン
(高野豆腐、ゆば、大豆、かつお節など)
SMCS(玉ねぎ)
カプサイシン(唐辛子)


3、代謝を促進する
大豆製品やナッツ類などに含まれるアルギニン、
玉ねぎに多く含まれるケルセチン
また酸味成分であるクエン酸には、代謝を促進する
作用があるので痩せやすい身体に導いてくれます。
アルギニン(高野豆腐、大豆、かつお節、アーモンド、クルミなど)
ケルセチン(玉ねぎ、リンゴ、ブロッコリー、モロヘイヤなど)
クエン酸(レモン、オレンジなどの柑橘類、お酢など)


4、脂肪として吸収されにくくする
食物繊維や豆類に含まれるサポニンは、
摂り過ぎた糖質
(ご飯やパンなどの炭水化物に含まれるエネルギー源)
などの栄養が、
腸から吸収されて脂肪になるのを防いでくれます。
食物繊維(ごぼう、キノコ類、海藻類、こんにゃく、納豆など)
サポニン(味噌、大豆、豆腐、納豆、あずきなど)


5、食べ過ぎを防ぐ
食物繊維の中でも、水に溶けやすい水溶性食物繊維は
水分を吸収し、腸内で膨らみます。
これにより、お腹が空きにくくなるので
食べ過ぎの防止になります。
水溶性食物繊維(わかめなどの海藻類、こんにゃくなど)

6、便秘を防止する
食物繊維の中でも、みずに溶けない不溶性食物繊維は
腸を刺激し、腸内を掃除する働きがあるので、便秘の改善になります。
便秘になると、代謝が悪くなり、太りやすくなるため、
便秘帽子はダイエットにも効果的です。
不溶性食物繊維(ごぼう、キノコ類、たけのこ、納豆など)

7、利尿作用を促す
体内に余分な水分が溜まっている状態をむくみと言い
むくみがひどくなると体重が増加することもあります。
ウリ類に含まれるシトルリンには、余分な水分を尿として
排出するのでむくみ改善に役立ちます。
シトルリン(すいか、きゅうりなどのウリ類)

8、脂肪になりにくくする
きゅうりに含まれるマロン酸は摂り過ぎた糖質を
エネルギーとして活用し、脂肪になりにくくします。
マロン酸(きゅうり)

食事の際、ご飯やパン類などのタンパク質や
油や砂糖を多く使ったカロリーの高い物を摂り過ぎていると
体内で食べた物のエネルギーを消費しきれなくなり
肥満の原因になります。

しかし、ダイエットをサポートする栄養成分
(たとえば、脂肪を分解する成分や、食べた物を脂肪として
蓄積されにくくする成分)を含む食品を意識して
一緒に摂るようにすれば、
たったそれだけで今よりも太りにくくなるのです


是非ダイエットをする際には、
食べ物が持つ8つの作用を活用して
しっかり食べて痩せる健康的なダイエットに
励んでください。


2週間の短期集中エクササイズで体脂肪を燃焼させ、
美ボディを創るスタイルエクサ+K・スーパーⅢB


2つの簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した最も短期で効果を発揮する骨盤矯正法
骨盤スピードダイエット




nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。