So-net無料ブログ作成

肥満や糖尿病は骨盤の歪みと大きな関わりを持っています。 [健康]

kinayuma-4.png

近年では、肥満や糖尿病の方が非常に増えています

糖尿病と骨盤の歪みというと
無関係に思われがちですが、
じつは大きな関わりを持っています。

骨盤は体をバランスよく保つ要のような存在です。
しかし、脚を組むとか、横座りをするといった
日常の動作のクセや猫背などの悪い姿勢によって
骨盤は少しずつ歪んでいきます。

骨盤の歪みは骨盤とつながっている背骨を始め、
全身の骨格にもおよびます。
さらに骨格が歪むことによって、筋肉にも歪みが現れ、
肩こりや腰痛などの原因になります。

骨と筋肉だけではありません。
全身の筋肉や骨格が歪むと、
内臓が本来あるべき位置からズレたりねじれたりします。
骨盤の歪みは内臓にもダメージを与えるのです。

骨盤の歪みからくるすい臓のねじれは
すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが
出にくくなってしまいます。
そのため、血糖値を十分に下げることができません。
その要因のひとつに骨盤の歪みがあります。

骨盤の歪みからくるすい臓のねじれを改善すれば
糖尿病や肥満まで解消します


糖尿病の人の骨盤の歪みを観察すると
骨盤全体が前傾し、右骨盤が上がり、
左骨盤が下がるという傾向を見つけることができるそうです。
こういう人の姿勢を見ると、
体も前傾し、右肩が上がり、左肩が下がっています。

このタイプの骨盤の歪みはすい臓をねじれさせ、
すい臓の働きに大きな負担をかけます。
その結果、インスリンの分泌が悪くなってくると
考えられます。

また、このタイプの骨盤の歪みがある人は
ストレスなどで過食しやすく太りやすい傾向があります。

糖尿病と肥満は密接な関係があります。
骨盤の歪みを解消すれば
過剰な食欲が抑えられるようになり、
過食しなければ自然に体重が減ってきます。
肥満が解消されることで、
さらに糖尿病がよくなっていきます。

肥満は万病の元と言われるほど、
さまざまな病気を招く恐れがあります。
さらに骨盤の歪みは肥満の要因にもなりますし、
体全てに悪影響を及ぼすことになるのです。

骨盤は普段何気ない日常生活のクセなどが
原因で歪んでいきます。
スリムなスタイルと健康を維持するためにも
日頃から骨盤を常に正しい位置に戻す必要があるのです。


簡単なストレッチとある呼吸法で
スタイルを矯正しながら短期で痩せる
山田式骨盤ダイエット法


骨盤のプロが考案した、たった60秒の骨盤矯正法を
やるだけですぐに効果が出る骨盤スピードダイエット


2週間の短期集中エクササイズで体脂肪を燃焼させ、
美ボディを創るスタイルエクサ+K・スーパーⅢB





nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。