So-net無料ブログ作成

私が恋愛できない理由 ドラマ 予告 [私が恋愛できない理由 ドラマ 予告]

無題.png

私が恋愛できない理由 ドラマ 予告

藤井恵美(香里奈)は、恋人がいない27歳の独身女性。
男性ばかりのイベント照明会社に勤める恵美は、上司の田村淳一(勝村政信)から
完全に男扱いされているものの、あまり物事にこだわらないサバサバした性格で
女性と一緒にいるより男性といる方が気楽、というタイプでもあったため、
まったく気にしていなかった。
ゆえに、後輩の高橋健太(中尾明鷹)からは、女を捨てている、と言われてしまうようなありさまだ。

恵美の勤める会社「ライティングワークス」はイベントやコンサートの照明を手がけていた。
社長は白石拓海(萩原聖人)。
拓海の妻・美鈴(稲森いずみ)はイベント企画会社のプランナーをしており、
「ライティングワークス」の大事なクライアントでもあった。

恵美と同じ高校で、演劇部の後輩でもある小倉咲(吉高由里子)は、不況のあおりを受け
就職活動に失敗したが、クリーニング店を切り盛りする母や姉には、大手出版社に就職したと
ウソをついていた。
新卒資格を失わないために留年することを選んだ咲は、学費と実家への仕送りを工面するために
手っとり早く稼げるキャバクラでアルバイトをしていた。
明るく華やかで、頭の回転も速い咲は、男性からもモテたが、実は本気で恋をしたことがなかった。

演劇部の同窓会で再開した恵美と咲は、一人暮らしの寂しさから解放される上、部屋のランクを上げても
家賃の節約ができる、という理由から、ルームシェアーをすることにする。
言いだしっぺの咲は、ふたりだと揉めたときにマズイからもう一人誰かを探すと言いだす。
そこで声をかけたのが、恵美たちの後輩である半沢真子(大島優子)だった>
裕福な家庭に生まれた真子は、まじめでしっかり者の女性。
派遣社員として働いている真子は、現在、派遣先の社員・木崎俊哉(中村竜)に激しく方思い中でもあった。

恵美たちは、運よく真子の伯母が住んでいたという一軒家を借りることができる。
3人は「男を泊めたら終わり」という3カ条を決め、新しい生活を始める。

そんな折、アメリカで照明の仕事を勉強していた恵美の同僚・長谷川優子(田中圭)が帰国する。
実は優は、親友を失いたくない、という理由から、わずか2週間で恵美のことを振った元彼でもあった。

同じ頃、咲はえ宮真子のために合コンを企画する。
一方、真子は木崎から食事に誘われ・・・。

111010_koi_main.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。