So-net無料ブログ作成

仁 龍馬の手術シーン ネタバレ [仁 龍馬の手術シーン ネタバレ]

仁 龍馬の手術シーン ネタバレ

最終回前編では、龍馬の手術がありましたが、
あの龍馬の頭は手術するために坊主でしたが、
実は今回はかつらを使ったそうです。

【龍馬の手術シーン】
“十津川郷士”を名乗る暗殺者たちの手からは逃れたものの、
東によって額を斬られてしまった坂本龍馬(内野聖陽)。
そんな龍馬の命がかかった手術シーンの撮影は
、実は(順撮りではないので)“時の進み”と前後して、
寺田屋の外で繰り広げられたあの殺陣のシーンの撮影前日である5月24日に、
スタジオ内にて行われていました。

面白いですね~。
龍馬が切られてしまう前の日に手術の撮影をしていたそうです。

午前中、撮影の進行するスタジオを覗いてみると…!?
なんだか見慣れない佇まいの「坊主」がひとり。
そうなんです、この日は内野さん、
手術のために”髪の毛を剃られている”という設定だったため、
あのいつものボサボサ頭(失礼!)ではなく、
お医者様役のキャストのみなさんと同じように、
2時間ほどかけて特殊メークを施していたのです
(『坊主頭』になるためには、特殊メークでかつらをつけるのですが、
装着に2~3時間、はずすときにも30分程度はかかるそうです)。

今は特殊メークでどんなふうにも作る事ができるので、
ほんとにすごい!しかもとってもリアルですよね。

この日は寺田屋の手狭なセット内に、
常にカメラが4台スタンバイ。
手術シーンの緊張感をリアルに伝えるべく、またどんな一瞬の間をも逃すまいと、
カメラを構えるスタッフたちの間にも、いつにも増して緊張が走っていました。
そして、あえてセットの中に立ち入らず、
モニターを食い入るように眺める他のスタッフたちも、
いつもの朗らかな表情は封印!最低限の物音しか聞こえず、
しーんと静まりかえったスタジオは、
まるでお通夜でも執り行われているかのような、
どこかじめっとした物悲しい雰囲気が漂っていました。
「龍馬死す」の結末は、
台本を読んで先々の展開を知っているはずのスタッフたちの心にも、
やはりぽっかりと胸に穴が空いてしまったかのような、
どこかやるせない気持ちを抱かせるようなものだったようです…。

私達だけでなく、やっぱりスタッフの方たちも龍馬の死を
とても虚しく感じていたのですね。
できれば、元気になって仁と一緒に
現代に行ききする姿も見てみたかったなぁ。

龍馬の手術シーンの撮影は、
朝9時半から延々と行われていたのですが、
この日の大沢たかおさんはというと…昼と夜の休憩時間以外、
ほとんどセットを離れることはありませんでした。
もちろん、あちこちに血糊がついていた(一度落としてしまうと、
同じようにはなかなか再現できないので)ことも、
その理由のひとつだったかもしれませんが…
現実の世界で起きたことではないとはいえど、
全身全霊で仁を演じている大沢さんにとっても、
龍馬が刃に倒れたこと、そしてその命を救うための大手術に挑むということは、
大変気の滅入る出来事であったに違いありません。

そうですね、仁は本当に龍馬を助けたかったんですから。
きっとその気持ちは大沢たかおさんに乗り移っていたのでしょう。
こうして大変な時間で撮影されたことを
私達は感謝の気持ちでみせて頂きたいと思います。

ついにあと1回の放送になってしまいましたね。
ハッピーエンドで終わりますようにと
祈りたい心境です。



家族の安全・安心を守りたい。放射能測定器専門店 GEIGER-JP




おいしいお水「アクアセレクトの天然水」

ただいま無料体験お申込み受付中です!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。